安い!人気おすすめBBクリーム

現在、BBクリームをお探しの方へBBクリームに関する情報をご紹介しています。 また、数多くあるBBクリームの中でもコストパフォーマンスに優れた人気商品を中心にご紹介しています。

BBクリームには日焼け止め効果があるが効果は期待できるのか

肌が弱い方は紫外線吸収剤不使用のBBクリームを選ぶ

BBクリームには日焼け止め効果があるものが多くあるのですが、実際に効果は期待できるのでしょうか。

その前に紫外線対策のための成分として、

とあることは抑えておいて頂きたいと思います。

肌が弱い方、敏感肌の方は特に気をつけたいのが、紫外線吸収剤です。

紫外線吸収剤に関してはまた別の記事で詳しくまとめようと思いますが、この紫外線吸収剤が肌への刺激となって肌荒れの原因などになることもあります。

最近では紫外線吸収剤不使用BBクリームも増えてきていますから、肌の状態が心配な方はそうした紫外線吸収剤不使用のBBクリームを選ばれると良いでしょう。

効果が大きいほど肌にも刺激がある

まず日焼け止め効果があるBBクリームを見てみると、そこには説明書でSPF30やPA+++などと記載されており、これらはUVカットの効果について表す標記となります。

これは日焼け止め剤やサンスクリーン剤などを購入する際によく見られる表記で、同じくUVカットの効果を持たせた化粧品などでもよく見られます。

SPFとはSun Protection Factorの頭文字をとったもので、紫外線のUVB波をどれくらい遮断することができるのか効果を表しています。

SPF30と記載がある場合には、紫外線を浴びて20分で肌が赤くなる人が30倍の紫外線量を20分浴びてやっと肌が赤くなることを意味しており、20×30=600分以内までは効果が期待できることを表しています。

またPAとはProtection grade of UVAを意味しており、こちらはUVA波の遮断できる効果について表しています。

たとえばPA+で効果がある、PA++でかなり効果がある、PA+++で非常に効果があるなどを指し示していますので、+が多いほど効果が高いということになるのです。

このいずれの値も数値がよければそれだけBBクリームの日焼け止め効果が期待できるということになるのですが、ただ一方で効果が大きいということは肌に刺激がある成分をより多く含んでいるということになりますので注意が必要となります。