安い!人気おすすめBBクリーム

現在、BBクリームをお探しの方へBBクリームに関する情報をご紹介しています。 また、数多くあるBBクリームの中でもコストパフォーマンスに優れた人気商品を中心にご紹介しています。

CCクリームの使い方

色んな使い方ができるのがCCクリームの特徴

「BBクリームの進化形」とも言われるCCクリーム。

CCクリームはBBクリームと同じくオールインワンコスメで、基本的には

などといった役割を持っています。(ただし商品によって違うので注意!)

BBクリームと同じようにファンデーションの代わりとして使うこともできるのですが、CCクリームはBBクリームに比べるとカバー力があまりありません。色でカバーというよりも光で肌色をキレイに補正するという役割を持っているので、BBクリームに比べてナチュラルな仕上がりになります。

そのため「ナチュラルに見えるメイクが好き」「すっぴんに近いメイクがしたい」といった場合は、CCクリーム+フェイスパウダー、もしくはCCクリームのみといった使い方になるでしょう。

家にいるだけなのでメイクはしたくないけど紫外線対策はしたい、郵便が届いた時に完全なすっぴんはちょっと・・・といった場合にもCCクリームだけぱぱっと塗っておけばいいので便利ですね。CCクリームにはメイク落とし不要のものもあるので、お手入れも楽ちんです。

逆に「しっかりメイクをしたい」という方は、CCクリームの後にファンデーションを重ねるといった化粧下地としての使い方もできます。

このように、使う人によって色んな使い方が出来るのがCCクリームの特徴です。

CCクリームを使ったベースメイクの順番

CCクリームの基本的な使い方の流れをご紹介します!

各メーカーによってCCクリームが持つ役割・使い方が違う場合がありますが、基本的にはこのような流れになると思います。

1.洗顔後、化粧水を肌になじませる

まずはいつも通り洗顔して、その後化粧水で肌を整えます。

※飛ばしてもOK
2.乳液・クリーム・化粧下地等で整える

乾燥が気になる場合や、別の化粧下地も一緒に使いたい場合はここで使います。ただし、あまり色々つけすぎると崩れやすくなるので注意。

3.CCクリームを肌に伸ばす

化粧水の後に直接CCクリームを塗る場合は、手や肌がまだ濡れた状態て塗ると伸ばしやすいです。手の平で伸ばしてから顔に塗っていく方法、顔の数か所に点々と乗せてから指やスポンジで伸ばしていく方法、お好きな方法で塗っていきましょう。コツは薄く伸ばすこと、伸ばした後はポンポンと軽くたたくように馴染ませることです。

※飛ばしてもOK
4.コンシーラーで気になる箇所をカバーする

CCクリームだけではクマやシミがカバーできないからコンシーラーを使いたい、という場合はここで使いましょう。

※飛ばしてもOK
5.ファンデーション、BBクリームでしっかりメイク

カバー力が足りない場合は、CCクリームの後にこれらのアイテムを使いましょう。パウダーファンデーションならここで完了、リキッドファンデーション、BBクリームを使うなら最後にフェイスパウダーで仕上げます。

※飛ばしてもOK
6.フェイスパウダーで仕上げる

CCクリームだけだとテカリが気になるのであれば、最後にフェイスパウダーを乗せましょう。化粧持ちもアップします。

長々と書きましたが、通常は

1(化粧水)→3(CCクリーム)→6(フェイスパウダー)

という使い方をしている方が多いのではないでしょうか。CCクリームだけのお手軽メイクでいい場合は、1(化粧水)→3(CCクリーム)だけで完了ですね!季節に合わせて、乾燥する時期だけ2の乳液を追加するという方も多そうです。

まずは製品に書いてある使用方法通りに使ってみて、肌の様子を見ながら自分に最適な使い方を見つけていきましょう!